<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters

DE LA MER ザ・リファイニング・フェイシャル

     dlm1.jpg 
あちこち浮気をしつつ、結局最後に戻るクリームと言えばDE LA MERの「クレーム・ドゥ・ラ・メール」。かれこれ10年以上のお付き合いになるのですが、先日銀座三越のDE LA MERのお手入れ会にご招待され、フェイシャル・トリートメントを受けて来ました。
施術前に現在の肌の悩みを聞かれ「肌が固い感じがするんです」と話すと、マスク前のゴマージュを勧められました。それがこちらの「ザ・リファイニング・フェイシャル」、ずいぶん前に使っていた事があったのですが、最近はご無沙汰。久々に使っていただいたらやっぱりスッキリ!帰りにカウンターで購入して行きました。

     dlm2.jpg
洗顔後の軽く濡れた肌にパール大をチューブから出して、力を入れずに指の腹で転がすようにマッサージ。少々固めなテクスチャー。細かいダイアモンド粒子が入っているので、目の周りは真剣に厳禁です!

     dlm3.jpg
乾いた肌に広げたのでクレイっぽく固めに見えますが、実際に濡れた肌に広げると粒子がスルスルと転がる感じです。軽く数分マッサージしたら洗い流します。この時点でピカピカなお肌に。
その後の保湿を忘れずに。わたしはこの後いつものシートマスクを使ってみたのですが、ぐんぐん吸収してくれたようで、はがした後の肌は感動ものでしたよ。週に一度のひと手間でエステに行ったのと同じレベルの状態を実感できます。
なんだかんだでわたしがやっぱり戻って来るのはDE LA MER、これからもお世話になります。
2013.02.24 Sunday 22:39 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

Jour d'Hermes

     he1.jpg
久々にオレンジ色のバッグのお買い物。中身は香水です。昨年末に発売された「Jour d'Hermes」、ふらりと立ち寄った銀座のメゾン・エルメスで試してみて一目惚れ。
ムエットにつけていただいた香りは蜂蜜が感じられるけど、甘過ぎないフレッシュなフローラル、かと言って一時期流行ったグリーン系ってわけでもなく、なんとも新鮮な印象です。「XXに似てる」とは言い表せない感じ。

     he3.jpg
その場で即決しなかったのですが、いただいたムエットをデスクに置いておくと数日は香ってくれていて、翌週日本橋三越に寄った時に「やっぱり…」と買っておきました。写真がアレですが、ボトルも美しい。そしてこのスプレー部分が簡単にはずれるので、レフィルを買えば無駄にならないという作りに。ありそうでなかった工夫ですね。

     h4.jpg
キャップ部分にも抜かりはありません。美しい金色の刻印。エルメスはやっぱり気分がアガる!

     he2.jpg
余談ですが、2013年のエルメスのエーマは「Chic, le sport !」(スポーツは素敵!)、リボンのモチーフも可愛いですね。
「Jour d'Hermes」は「エルメスの日々」とでも訳すのかな。エルメスと共にある日々、たとえ香りだけでも贅沢なことです。
2013.02.20 Wednesday 21:51 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

シャネルCCクリーム 使ってみました

     c1.JPG 
1/4に発売されたシャネルCCクリーム、1週間程使用してみた感想です。
まず初日はBAさんがおっしゃってた通りに「洗顔→ローション→美容液」の後に塗布、仕上げは愛用のローラメルシエのインヴィジブル・トランスルーセントパウダーを。
仕上がりの感じはいわゆるBBクリームとは全く違うきちんと感、普通にリキッドファンデーションを塗った感じに非常に近いです。毛穴やくすみ、ムラもしっかりカバーしてくれます。BBクリームもここまで来たか!と感動。
が、さすがに下地クリームなしでいきなりはキツかったようで、お昼過ぎには乾燥から来るテカリが出現。頬のあたりも少々かさついて来たのと、つっぱり感も気になりました。

2日目は美容液の後にルーティンの下地ローション(Peter Thomas Roth)、その後にCCクリーム、ローラメルシエのパウダーと言う手順にしてみました。
これが大正解!夕方までくすみ知らず、毛穴落ちもなし!そして普通のリキッドファンデーションよりも、肌が呼吸している感じがあります。
お出かけの時にはこの下にちょっとグリッター感のあるプライマーを伸ばしたりすると、ツヤ感が出ていいんじゃないかな、と思います。

      c2.JPG
チューブから出すとイメージよりちょっと暗めな色が出て来ますが、これがわたしの肌にはしっくり来ました。白すぎず暗すぎず、アジア系女性にちょうどいい感じです。CCクリームは元々中国で先行発売されたので、アジア向けの製品なのかもしれませんね。
あと香りがすごくいいんです。シャネルの製品はこういう所にも手を抜かないのが素晴らしい。

SPF30/PA+++とサンスクリーンとしても秀逸なので、家から出ない日もお出かけの時もいつでも万能な1本です。持ってて損はないと思います。オススメです。
2013.01.14 Monday 23:59 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

シャネルのCCクリーム 日本発売決定

 cc.jpg
今年前半から中国国内では発売になっていたシャネルのCCクリーム、日本発売が来年1/4に決定したそうです。愛読している渡辺圭子さんコスメブログで知りました。画像は台湾シャネルからお借りしました。
要はシャネルが出すBBクリームなんですが、シャネルだけにCC、というわけではなく「Complete=完璧に」「Correction=補正」という意味だそうです。質感やカバー力などは渡辺さんのブログをご参照くださいね。BBクリームって今までも外資系のものを数種類試した事があるのですが、色がなにしろ…というわけで敬遠気味だったのです。シャネルのは期待できそうですね。発売が楽しみです。
2012.11.20 Tuesday 09:23 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

APPLE MINT SUGERのマルチパーフェクトブラシ

     IMG_2761.jpg
愛用してたPeter Thomas Rothのブラシ付きパウダーも便利だったけど、そこはやはりアメリカ製、ブラシの肌触りがイマイチでした。そして色白さんにはちょっと濃い目だったパウダーの色も難点…、ってことを以前Twitterで話題にしていた時にお友達が教えてくれたのがこちら。
先日、アトレ恵比寿にあるPLAZAで見つけました。黒、ゴールド、ピンクがあるそうだけど、店頭で見たのはゴールドとピンク。なんとなくピンクをチョイス。

    IMG_2762.jpg
後ろを引っ張ると透明なチューブが出て来ます。お尻の部分のキャップを外して普段使ってるパウダーを入れる仕組み。説明書には付属の小さなスプーンを使うとありましたが、わたしは紙の上にパウダーを落として、二つ折りにして滑らせて入れました。ちなみに愛用パウダーはローラ メルシエのルースセッティングパウダー インビジブルです。
ブラシとの接合部分にはミルが付いているので、砕けてしまったファンデーションを入れて最後までしっかり使う事もできるそうです。これは便利。

    IMG_2764.jpg
キャップをして10回くらい強く振ると、こんな感じでブラシにパウダーが浮き上がって来ます。これで準備完了。朝のメイク時はもちろん、外出先のお化粧直しにも便利です。

    IMG_2763.jpg
PTRと比べたところ。ほぼ同じサイズですね。大きな違いはやはりブラシの肌触り。PTRのは固めなので、ちょっと肌に当たるなーという印象でしたが、AMSのはとても柔らかいのです。そこそこちゃんとしたブランドのものと同じ印象。羊毛100%だそうです。

外出先はもちろん、旅行先でのリキッドファンデ+ルースパウダーというメイク時に威力を発するブラシ付きパウダー製品。ブラシの柔らかさから言ってもこれはお勧めです。お値段も2,480円とお手頃なのもうれしい(ゴールドは2,980円)。ちょっとしたギフトにも良さそうです。
2012.10.17 Wednesday 23:08 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

CHANELのスノードーム


シャネルのコスメカウンターで今年のノベルティをいただきました。
2012年はなんとスノードームです。


中には小さなロゴ入りショッパーとBOXが。
ツリーの上には小さなCCマークもあって可愛い。


雪を降らせるとこんな感じ。


小振りなスノードームですが、ノベルティとしては充分すぎるほどの出来。
お気に入りです。
2012.10.13 Saturday 09:40 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

“ボビイ ブラウン プリティパワフル” WEBキャスト発表会

日本にもファンの多いコスメブランド「ボビイ ブラウン」、アメリカで創始者ブラウン氏の新刊「Pretty Powerful」が発売されたのを記念してコスメ業界初となるWebキャストイベントが開催されます。
事前に登録すれば世界中どこからでも直接ブラウン氏本人に質問できるそうです。同時通訳(なんと60カ国語以上!)があるので、外国語での質問もちゃんと日本語に訳されて聴けるそうです。

イベントは日本時間10月4日(木)20時から。
事前登録はこちらから。
2012.10.03 Wednesday 09:09 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

クラランス「ダブルセーラム」2週間経過報告

    IMG_0419.JPG 
クラランスの美容液「ダブルセーラム」を使って2週間が経ちました。画像は前回と同じものを掲載しています。見ての通り水分とオイルの二層構造になっているので、肌馴染みはものすごくいいです。わたしはオイルベースの美容液はベタ付きがちであまり好きではなく、こちらも夜のみの使用としていましたが、あっという間に肌に浸透して、次に使うクリームに全く響きませんでした。これならオイル苦手な方でも安心して使えると思います。香りもフルーティとフローラルが合わさった軽い感じです。
さて問題の効果の程ですが、リフティングに関しては期待したほどではなかったのが正直なところ。ただ肌のキメはすごく整った印象です。朝起きると「なんか、垢抜けた?」って顔になっています。ハリ・弾力の回復という意味では効果ありです。ただこれがリフティングという言葉を使うとなると疑問ですが(やっぱり輪郭がキュッと!なんて期待しちゃいますよね)。あと、オイルベースのものを使っているだけあって、保湿効果は高いのも実感できました。これからの乾燥する時期にはいいと思います。美白かハリ・キメかと考えたら、やはり後者を選択したいわたしには今必要なタイプの美容液かも。クラランスを使うのは久しぶりだったので、なかなか新鮮でしたよ。
2012.09.05 Wednesday 13:59 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

シスレー「グローバルパーフェクト」2週間経過報告

  IMG_0418.JPG
先日ご紹介したシスレー「グローバルパーフェクト」を2週間使用してみての感想です。わたしは主に朝の洗顔後、ローションの後にたっぷり1プッシュ使用、その上に下地、ファンデという順で使っています。美容液と言うよりも乳液に近いもっちりしたテクスチャーで、伸びも乳液より少々固い感じです。香りはちょっと薬っぽいかな。気にならない程度ですが。
使ってすぐ顔色が良くなるのがわかります。美容液そのものが薄いピンク色をしているので、補正の役目もしてくれるのです。そしてすぐに実感出来るのが肌のもっちり感。なるほど、肌にハリを与える事によって加齢による毛穴をぐいっと持ち上げて、目立たなくしてくれるわけですね。毛穴用美容液にしてはちょっとしっとりしすぎかな?とも思いましたが、エアコンなどで乾燥しがちな夏の疲れた肌にはスイスイ浸透してくれて、その後の乳液、ファンデに響く事はありませんでした。
わたしは真夏はファンデの下に毛穴を埋めるようなパテ状の下地を使っているのですが、「グローバルパーフェクト」を使うようになってからは、そんな技も必要なくなりました。30℃超えの気温下で半日過ごしても、汗をちょっと押さえる程度の化粧直しで済みました。これはすごい!
この手の美容液は1本使い切ってようやく効果が実感できるものですが、これはかなりの即効性。シスレーは高価なイメージですが、欧州などでは多少お手頃価格で出てるのかも?お値段の分、ちゃんと働いてくれる優秀な逸品です。
2012.09.03 Monday 22:54 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|

シスレー「グローバル パーフェクト」

     IMG_0417.JPG 
今年の冬からシスレーのリキッドファンデ「スキンレイヤ」を愛用しています。このブランドの威力を痛感しているところに、新しい美容液「グローバルパーフェクト」を9/1の発売に先駆けて使わせていただく機会に恵まれました。

若い世代もマチュア世代も肌の悩みの上位に上がって来るのが「毛穴」、世代によってその原因は違って来ます。若い世代の場合は過剰な皮脂の生成が主な原因ですが、マチュア世代に見られるのは水分不足や汚れが原因による「黒ずみ毛穴」、コラーゲン不足による肌の「たるみ毛穴」なんですね。シスレー独自の研究では、さらに角化プロセスが加速した異常な状態(不全角化)が毛穴の開きに関係していることに着目、つまり「角化プロセスの回復で毛穴は改善できる」という結論に達しました。
他社でも「たるみ毛穴」に着目した美容液は発売されていますが、シスレーはさらに一歩進んでいるわけですね。
従来の毛穴専用化粧品は単に毛穴を目立たなくするような製品でしたが、シスレーのこの製品は開いた毛穴に根本的に働きかけ、使い続ける事で毛穴レスの肌を目指しています。

このセラムに含まれているのは、過剰な皮脂によって開いた毛穴を改善するジャワティーリーフエキス、加齢によって乱れたキメを整えるグリーンレンティルエキス、さらにコラーゲンの合成を促進する大豆ペプチドエキスといった、いかにも効果がありそうなものばかり。

さて、使い始めて約1週間、毛穴対策コスメはそこそこの期間使わないと実感ができないのですが、こちらはなかなかの即効性を感じる事が出来ました。もう少し使ってからまたレポしたいと思います。
2012.08.24 Friday 23:00 | - | trackbacks(0) | Cosme | このエントリーを含むはてなブックマーク|