<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters

SQ638とその後の話

 ホテルからタクシーに乗ってチャンギ空港へ。お腹も一杯だし、お買い物ももういいのでぼんやりと座って搭乗を待つことに。ここで日本の家族から電話があり「明日停電らしいんだけど、うちって第何グループなのかわからない。調べて」って、おい。iPhoneで東京電力のサイトにアクセスして調べると第1Gということが判明。折り返しこちらから電話して伝えると「明日は停電でJRが止まるって。気をつけてね」とのこと。ふぅ〜ん、でもみんなJR使わないから関係ないよね、なんてその時は話していたのですが…

L1040485.JPG成田に向かうSQ638便は深夜23:55発。シャワーも洗顔も済ませたし、お腹も一杯なのであとは眠るだけ。離陸して水平飛行になった頃を見計らって、CAさんにベッドメイキングをしてもらいました。シートの背もたれ部分を前に倒せば完全なフルフラットなベッドが出来上がります。左がベッドになった所。暗くてわかりにくいですが、相当楽でしたよ。5時間程ですが、飛行機でこんなに寝られたのは初めて!と思う程熟睡できました。これでヨーロッパに行ったらさぞかしいいだろうなぁ。


L1040486.JPG
深夜便の食事は離陸後か着陸前か好きな時間帯を選べます。朝7時半に成田着だったので、朝食に、と思い着陸前にお願いしました。フルーツとデニッシュとクロワッサン、紅茶。このクロワッサンが意外にクオリティ高かった。

定刻通りに飛行機は成田に到着。ターンテーブル前で山口晃さんご夫妻、Oさんと合流して成田空港駅へ向かい、無事にシンガポール旅行も終了〜のハズだったのですが…
続きを読む >>
2011.04.01 Friday 23:15 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

シンガポール街歩き

 L1040476.JPG
豪華なサンデーブランチを堪能して、夕方は街歩きをして時間をつぶすことに。ホテルからSomerset駅方面までぶらぶら歩くとこんな街並が出現するのが面白い。

      L1040477.jpg

L1040478.JPG
「オーチャード・セントラル」という大きなショッピングセンターの中にあったヤクン・カヤトースト。ここは若者向けなオシャレな雰囲気です。

L1040483.JPG
屋上テラスにあった草間彌生作品。なぜか雰囲気マッチ。

と、フラフラして最後のお買い物を済ませホテルへ戻りました。3階のラウンジはチェックアウト後も自由に使えるので、シャワーを浴びラウンジでドリンクをいただいて、迎えのタクシーが来るまでのんびり。ちょっと早いけど21時にホテルを出て空港へと向かいました。
2011.03.31 Thursday 08:58 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

サンデーブランチ@One-Ninety Four seasons

 L1040461.JPG
最終日の日曜日、この日は帰国日なのですが、23:55のフライトなので丸一日のんびり過ごせます。起きたら滞在中初めてと言っていい程の激しいスコールだったので、結局12時のチェックアウトまでのんびり部屋で過ごすことに。一度チェックアウトしてから、予約していた1階「One-Ninety」でのサンデーブランチに出向きました。
マリーナ地区のホテルをチェックアウトしたOさんとテーブルで落ち合い、シャンパンで乾杯。ここのサンデーブランチはヴーブ・クリコ・イエローラベルのフリーフローなのです。

L1040462.JPG
前菜のテーブル。

L1040463.JPG
手前はラクサ(シンガポールのお蕎麦)バー、奥は北京ダック。

L1040464.JPG
ローシーフードのコーナー。奥はお寿司のカウンター。好きなネタで握ってくれるみたいだけど、何もここで…という気がして頼みませんでした。

L1040465.JPG
ここはマティーニバー。プレーン、アップルなど、お好みのフレーバーでその場でフレッシュなマティーニを作ってくれるのです。シャンパンに飽きたらここで!

      L1040474.jpg
わたしが頼んだアップルマティーニ。青リンゴの香りがたまらない。

L1040466.JPG
目にも麗しいデザート!!奥のテーブルもデザート。さすがに全種類制覇はならず。

L1040467.JPG
チーズカウンター。ここもチーズ好きにはたまりません。

L1040468.JPG
わたしの最初のお皿。手前のダックのパテが美味しかった。

L1040470.JPG
多分三皿目くらい…。グリルカウンターがあって、好きな食材を選ぶとグリルしてくれます。ロブスターとソーセージ。ソーセージは大きかったので、3人で分けてちょうど良かった。

L1040471.JPG
シーフード。これはまぁこんなもんでしょ。

L1040473.JPG
麗しのチーズプレート。相当レベルの高いものばかり。ブルーチーズもウォッシュ系も全部美味しくいただきました。

L1040475.JPG
デザートはチョコレート系中心で。ここでアップルマティーニを飲むあたり、自分でも呆れますね。
お値段は158SDと少々高めですが納得の内容です。今まで経験したホテルのサンデーブランチの中でベスト3に入るかも(あとの二つはサンディエゴの「ホテル・デル・コロナド」とハワイ「カハラ・マンダリン(現ザ・カハラホテル)」)。またシンガポールに行くことがあれば、絶対再訪したいと思います。
2011.03.30 Wednesday 23:07 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

ラッフルズホテル

 L1040456.JPG
ビエンナーレ会場のカラン空港から再びバスに乗せてもらって、ラッフルズホテルで解散。わたしとNさんは「せっかくなのでシンガポール・スリングでも」、と中へ入ってみることに。これが今回の旅でこれが唯一の観光らしい観光だったかも…。
伝統的なコロニアルな作り、歩くとぎしぎし言う木で出来た廊下、重厚なんだけど南国な雰囲気…、なんだかなつかしい感じだな、と思ったら、サンディエゴのホテル・デル・コロナドと似ているんですね。

L1040459.JPG
こちらがホテル内の「ロングバー」、シンガポール・スリング発祥の店とされています。

       L1040457.jpg
お待ちかねのシンガポール・スリング。あまり飲む機会のないドリンクなので比較の対象がないのだけど、まぁ、行きの機内で飲んだ物よりはずっと美味しかったです。ただご想像通り、甘い!本気で一緒にビールを頼もうかと思ったくらい。見かけも綺麗だし女性向けのドリンクですね。ま、旅の記念ということで。

L1040460.JPG
時間もちょうど良かったのでここで夕ごはんにしちゃいました。ミニバーガーのセット。3種類のバーガーにフレンチフライが付いてます。これにナチョスでちょうどいい感じでした。
が、地下鉄に乗ってホテルに着く頃にはちょっと小腹が…ということになり、途中でダンキンドーナツを見つけ、うれしくなってドーナツとコーヒーを購入。旅先ならではの食生活でした。
2011.03.29 Tuesday 23:00 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

シンガポール・ビエンナーレ 2011

       L1040448.jpg
3/12は山口晃さんのギャラリートークに参加してから、会場のJCCからみんなそろってバスでシンガポール・ビエンナーレ会場である旧カラン空港(1955年閉鎖)に移動。

L1040447.JPG
旧管制塔やターミナルビル、格納庫を利用しての展示です。

L1040442.JPG
Martin Creed

      L1040444.jpg
Michael Beutler

L1040445.JPG
Martin Creed

L1040454.JPG
Charles Sandison

L1040449.JPG
Rafael Lozano-Hemmer

L1040452.JPG
Michael Lee

L1040446.JPG
Gosia Wlodarczak

L1040438.JPG

L1040440.JPG

MI.Elmgreen-And-Dragset-1.jpg
Elmgreen & Dragset
格納庫を使った展示は砂漠に建てたPRADAショップで有名なElmgreen & Dragsetの作品。一番下の画像はCNN Asiaから拝借したものですが、こんな感じで男性が3名ほどくつろいでいます。中は干し草の匂いがすごかった。

わたしたちは結局このカラン空港会場しか行かなかったのですが、こことマーライオン・ホテルで充分満喫できました。

シンガポール・ビエンナーレは5月15日までです。 http://www.singaporebiennale.org/



2011.03.28 Monday 20:47 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

マーライオン・ホテル

 L1040392.JPG
シンガポール・ビエンナーレのレセプションはマーライオン・パークにて開かれました。ホテルからここまではタクシーで移動。集まった人々のお目当てはもちろん西野逹さんの「マーライオン・ホテル」です。

L1040394.JPG

artists_tatzu3.jpg
↑画像はビエンナーレ公式サイトから拝借。これは西野さんの最初のラフ。当初はホワイトキューブを計画していたそうです。

L1040406.JPG
実際の外観は真っ赤!デザイナーズホテルっぽくてかっこいい!
一般公開に先駆けてレセプションに来たお客さんへ先行公開してくれたので、階段近くのポジションをみんなで陣取りました。この日は一回に20人ずつ10分間の見学という制限付き。どうにか第一グループに滑り込んでみんなでワイワイ見学スタート。

       1.jpg
               おぉっ!!

       L1040399.jpg
ほんとにマーライオンだ!初めて見るマーライオンがこんなでいいのでしょうか。

       L1040400_2.jpg
            女子みんなで記念撮影♡

L1040404.JPG
男性陣も記念撮影。真ん中が西野逹さん、右が三潴さん。

L1040402.JPG
バスルームはこんな感じ。バスタブが深くて大きい!

      L1040403.jpg
      バスタブに横たわるとこんな夜景が眺められます。素敵!

L1040405.JPG
アメニティのテディベアなど。壁紙も素敵ですよね。これもギリギリまで西野さんが悩まれて変更したそうです。

残念ながらビエンナーレ会期中の宿泊予約は開始10分でSOLD OUT、見学だけなら毎日朝10時から夜7時までできますので、シンガポールに行かれる方はぜひ。面白かったです。



2011.03.27 Sunday 23:57 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

シンガポールの美味しいもの

 最初の夜はホテルに荷物を置いて、夕ごはんを食べに近所を散策。シンガポールはあちこちにフードコートがあるので、とりあえずめぼしい所に入って食べたのがこれ。

      1.JPG
名物、チキンライス!!
そういえば初めて食べたかもしれない。店名は忘れましたが、ファストフードっぽいお店でした。チキンライスを注文すると蒸し鶏か揚げた鶏か聞かれましたが、そんなのもあるんですね。ここは王道の蒸し鶏でしょう。皮付きがちょっとアレかなぁ、と思ったけど意外にあっさりしてて美味しく食べられました。ジャスミンライスが本当に美味しくて、これはどうにかして自宅で作れないものか…と考えたほど。お米の種類が違うのが前提ですが、まぁ、作るより食べに行った方が早いですね。最近は東京でも美味しいお店が増えているようですし。

 L1040370.JPG
明けて二日目の午前中はホテル内のSPAで2時間のマッサージを予約していたので、その前に軽く朝ご飯を食べに外へ。
お目当ては「ヤクン・カヤトースト」、日本だと豊洲にも支店があるそうです。シンガポールだと空港ターミナル内にもあるほど、あちこちで見かけます。朝ごはんとしてもポピュラーらしい。

 L1040371.JPG
セットメニューだとカヤトーストとドリンクになぜか温泉玉子が付きます。テーブルにしょうゆが置いてあるのはそのためですね。わたしたちは単品でドリンクとカヤトーストをオーダー。カリカリに焼いた薄いトーストに有塩バターをたっぷり、そこにココナツミルクとバンタンという葉で香り付けしてできたカヤジャムがはさんであります。ココナツ好きなわたしには大満足な味。ただ、ここで売っているドリンクがどれも最初から砂糖で甘くされているのが残念。濃いコーヒーと一緒に食べたかったらなお美味しいと思うなぁ。というわけで、家で食べるべく最終日にジャムだけ購入しました。

朝ごはんの後はホテル内SPAでマッサージを受け、生き返った所で山口晃さんのプレスプレビューへと出かけました。取材に同席させてもらった後「お茶でも」と出かけたのがアイオン・オーチャードにある「TWG」ティーサロン。

     L1040391.jpg
スコーンとフレンチ・アールグレイをいただきました。クロデット・クリームと一緒に添えられたのはティーゼリー。これが風味が豊かで濃くて美味しかった。自由が丘店でも売っているのかな。人気のサロンのようで行列が絶えませんでした。紅茶もスコーンも美味しく、おしゃべりにも華が咲き、サービスも素晴らしいお店でした。ここはお勧め。

いったんホテルへ戻って、夜からはシンガポール・ビエンナーレのオープニング・レセプション…というより「マーライオン・ホテル」見学です。
2011.03.26 Saturday 13:03 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

フォーシーズンズホテル・シンガポール

       L1040484.jpg
今回選んだホテルはオーチャードにある「フォーシーズンズホテル・シンガポール」、山口晃さんの個展会場JCCまで徒歩5分ということで決めました。画像はロビーのウェイティングスペース。

Orchard Rd.までは地下でつながっているヒルトンホテルを通り抜ければ、雨にも濡れず、暑い思いをしなくても済む便利なロケーション。連結通路になっているアーケードには、マルニ、イッセイ・ミヤケ、ポール・スミスなどのハイブランドがあります。

チェックイン時に「マーライオンは今見られませんので注意してくださいね」と教えてくれました。「知ってます〜、ホテルに入っちゃったんですよね。それ見に来たんですよ」「日本人建築家が作ったんですってね。わたしも見に行きたいんですよ」という会話を繰り広げつつ、帰りのタクシーまで予約をしてくれて手続き完了。

  L1040363.JPG
お部屋はこんな感じ。日本人客用にゆかたの用意もありました。

  L1040364.JPG
バスルーム。シャワーブースが独立。洗面ボウルが2つというのはありがたい。

L1040366.JPG


アメニティはロクシタンのヴァーベナ。

ボディローションもありましたよ。







  L1040369.JPG
毎日2本ずつサービスされるミネラルウォーター。部屋にティファールがあったので、コーヒーやお茶を入れたり、飲み水にするのに助かりました。

  L1040412.JPG

  L1040411.JPG
部屋からの眺めはこんな感じ。緑が多い〜。街中はワイキキやグアムとちょっと似た雰囲気でもあるのだけど、この熱帯地方独特な生い茂った木々が大きな違い。
このホテルはちょっと奥まった立地なのでかなり静かです。

       L1040367.jpg

  L1040368.JPG
ホテルを出てちょっと歩くとこんな賑やかな雰囲気です。BORDERSや英国系デパートMarks& Spencerがありました。

ホテルの規模としてはかなり小さい方だと思いますが、その分目の行き届いたホスピタリティが素晴らしかったです。滞在2日目、地震の報を受けた時のこと。部屋に戻るとメッセージランプが点滅していたので、わたしか同行したNさんの家族からかな?と聞いてみると「日本の大地震の知らせを受け私どもも大変ショックを受けております。本日より国際電話を無料としますので、どうぞご家族やお友だちに連絡を取って下さい」とのこと。これにはちょっと感動しましたね。他のホテルも同じことをしていたのかもしれませんが、非常時の対応はこのクラスのホテルだと安心できる、ということを身をもって知ることができました。ちなみにNさんもわたしもメッセージを聞いた時点ですでに携帯で家族と連絡が取れていたのですが、気持だけ本当にありがたく受け取らせていただきました。

2011.03.25 Friday 20:46 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

SQ637 NRT-SIN

シンガポール行きを決めた時に一番最初に思ったのが「シンガポール航空のA380に乗れる!」ということ。他社でも続々と導入しているA380ですが、SQのA380は業界初ということだけあり、キャビンの雰囲気がもう全然違うと聞き、この機材が運行している便を選んでブッキングしました。

      2.jpg
Cクラスアッパーデッキの窓側席。1-2-1の配列なので、完全にプライバシーが保てます。足元も広々。画像右に映ってるのがフットレスト。ちょっと遠い…
そうそう、乗り込む時は搭乗口からの連結ブリッジがそのまま2階に直結なんですね。てっきり中で階段を上るんだと思って、機内持ち込み荷物は自粛したのです。

      L1040353.jpg
足元右下に荷物置きのスペースが取られているので、頭上の物入れにわざわざ収納しなくて済みました。やや右寄りに大きめ(17インチ位?)のモニター。ムービーチャンネルも豊富でした。往路は「Glee」の第2シーズンの1~4話を食事とワインを楽しみながら、消灯後は「ブラック・スワン」「英国王のスピーチ」を見ました。「英国王」は残り20分でサービス終了〜。復路でバッチリ最後まで見ましたよ。

← SQサイトから拝借。

こんな感じでくつろげます。
子供なら余裕で二人座れそうでした。
クッションも最初から二つ置いてあるので、とってもくつろげます。










 L1040354.JPG
お食事。最初のドリンクはCAさん(美人ぞろい!)に勧められたシンガポール・スリングを。やっぱりこうでなくっちゃね。アミューズとして出されたサテは本格的な味でした。

 L1040357.JPG
前菜の生ハムのサラダ。シャルドネといただきました。マンゴーと合わせるとちょうどいいお味。

 L1040359.JPG
メインはチキン、ビーフ、ブイヤベース、チャイニーズの中から選べたので、機内食では珍しいチャイニーズにしてみました。麻婆豆腐とエビチリとごはんでした。これは至って普通。

 L1040360.JPG
デザートはバニラアイスのマンゴーソースかけ。バニラビーンズたっぷりの濃厚なアイス。

 L1040361.JPG
最近紅茶派なので迷わず紅茶をお願いすると「フレーバーはどうしますか?」と聞かれました。「何があるんですか?」と聞くと、まぁ出るわ出るわ、ハーブティーを含め5、6種類の茶葉を言われたので、無難なところでアールグレイを頼んでみました。これがね、大正解!飛行機の中でこれだけ美味しい紅茶を飲んだの初めてだったかも。ティーバッグなんだけど、シンガポールの名店TWGのものですよ。ここのティーバッグは紙製じゃなくて、ガーゼで出来ているんですね。絶対買って帰ろう!と決めました。

  L1040362.JPG
消灯時間、と言っても午後3時くらいなのでほとんどの方は映画を見たりして過ごしてました。照明が一応こんなムーディな感じに落とされます。

シンガポールまでは約7時間。時差も−1時間なので、637便だと到着は夕方6時過ぎ。ちょうどいい感じですね。空港から市街まではタクシーで約30分。いきなりスコールの洗礼を受け苦笑いをしつつ、オーチャードにあるホテルへ向かいます。

2011.03.24 Thursday 20:45 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|

帰国しました

 

まずは今回の震災被災者の方々への心からのお見舞いとお悔やみを。

昨日の朝シンガポールから無事に帰国しました。到着して2日目の昼過ぎに地震のニュースをTwitter経由で知りました。携帯もメールも通じなくなってもTwitterとFacebookだけは通常通り、いえ、いつも以上でその有用性を実感することに。一緒に行動することが多かったミヅマアートギャラリーの三潴さんは「こういう時こそアートの力が必要」と積極的にシンガポールビエンナーレの画像をアップされてらしたし、現地のホテルや山口晃さんの個展の現地スタッフの方々からも温かい言葉をいただいたりして。
帰国してすぐ成田空港からの電車アクセスがないことを知り、あやうく帰宅難民になるところでしたがそれも無事回避。昨日の午後から通常通り仕事をしています。
正直言って個展やギャラリートークなどの記事をアップするのは時期尚早な気もするのですが、個人的には「こんな時こそ平常通りに」と思うのです。
まずは山口さんの個展の様子から順次アップする予定です。

画像はビエンナーレでのマーティン・クリードの作品、
「Work No.890: Don't Worry,2008」
2011.03.15 Tuesday 09:24 | - | trackbacks(0) | 11 Singapore | このエントリーを含むはてなブックマーク|
 | 1 / 1 PAGES |