<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters
<< 「ウィリアム・ケントリッジ 歩きながら歴史を考える」 | main | 和食は苦手 >>

スーツケースを新調したいのだが

さて旅行準備のお話の続き。愛用のスーツケースはサムソナイトの家族兼用のもの。昔のタイプなので4個の小さなタイヤが付いているものの、一方向にしか動かせません。しかもハンドルが伸びないので、身長163cmのわたしは少々腰を屈めながら転がさなくてはなりません。空港〜ホテル移動はもっぱらタクシーなので、ヨーロッパの石畳やアメリカの凸凹した道路を転がす必要もあまりないのですが、いつその必要性が出て来るともわからない。そんなわけでそろそろスーツケースを新調しよう!と日本橋三越で物色してきました。

まずはグローブトロッター(上画像)へ。ちょうど三越とのオリジナルコラボ商品が出ていました。しかしこれがせいぜい5泊程度という中途半端な大きさ。21インチって言ってたかな?これがハンドルが付く一番大きなサイズだそうです。これ以上だと伸びるハンドルは付かず、しかもタイヤも2個なので今までとあまり状況が変わらなそう。色はオフホワイトでベルトも薄いブラウンでとっても上品。内部もキャンバス地が貼られ、余計な出っ張りがないのでスッキリと収納できそうなんだけど、うーーん。これはあれですね。「自分で荷物を持って歩かない方々」のためのスーツケースですね!ということで納得。10年経ったら出直します!

というわけで、次にチェックしたのがリモワ。「ドイツ製=優秀」という考えの父親の元で育って来たので「独製」というだけで信頼度は高いです。気になるのは「四輪タイプは壊れやすい」ということ。到着した空港でまず破損してないかチェックしなくてはならない、という物騒な話も聞くのです。実際目にすると、うーむ、たしかにこれは投げられたら壊れるわ!と思う程タイヤが無防備に大きく張り出して付いているんですね。店員さんに聞いたところ、その点国産メーカーはよく出来ているそうです。投げられても破損しないようにタイヤ部分が覆ってあるし、開閉するファスナーの布部分が切られないようにちゃんとカバーで覆ってあったりと、日本人ならではのキメの細やかさ。あ、あとタイヤの軸がどうの、って言ってたなぁ。
そんなわけで「ちょっと考えて来ます」とその日は退散。4月の旅行までにもう少し研究しないとね。第一希望はリモワですが、タイヤの破損だけが心配です。ググってみるとけっこう海外の空港で投げられて壊れた!というブログ記事も見かけるのですよ。旅行までもうちょっと悩むことにしますか。旅慣れた皆さまのご意見や体験談をお待ちしております。
2010.01.09 Saturday 20:30 | - | trackbacks(0) | 10 Paris Nederland/ Ready to go | このエントリーを含むはてなブックマーク|