<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters
<< リッカルド・ムーティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 5/7 | main | VIE~CDG~NRT >>

ウィーンで食べたおいしいもの

 IMG_0160.JPG
ウィーンでの日々は演奏会やオペラ中心だったので、食事重視な旅ではありませんでした。でもそれなりに美味しいものは堪能してきましたよ。
朝ごはんは毎朝たっぷりとおいしくいただきました。上画像はホテル近くのCafé Museumの朝の様子、ここは朝ごはん、夜お茶に使いました。Free Wi-Fiは飛んでるし、長居してもお皿を下げられたりしないし、居心地のいい空間でした。こんなお店が近所にあったらなぁ。

    IMG_2252.jpg

    IMG_2253.jpg

IMG_0158.JPG
オレンジジュース、メランジェ(カプチーノみたいな感じ)、パン各種、ハム、チーズ、ゆで卵(赤い帽子をかぶっているのが卵です)の朝定食11.5ユーロ。わたしはドイツパンが大好きなので、バスケットの中のパンを全部食べ尽したい衝動にかられましたよ。もうね、何食べてもおいしいの。毎朝こんな感じでしっかり食べてたので、お昼はケーキというパターンが多かったです。

IMG_0220.JPG
こちらは老舗「オーバーラー」の朝ごはん。温かい卵料理が食べたかったので目玉焼きを注文したら、キッチンのアクシデントでかなり待たされまして、そのせいもありなんだかとってもおいしく感じた一皿。アメリカだったらケチャップでたべるんだろうけど、ウィーンだとなぜか塩胡椒とマスタードで美味しくいただきました。

    
おなじみのカフェ・ザッハーが行列してたので、オペラ座の裏にあるザッハー・エック(Sacher Eck)に入りました。重厚なイメージの本家カフェよりもカジュアルなお店です。高いスツールに腰掛け、外のテラス席もたくさんあるので、サクッと入ってお茶とケーキに便利。今回はザッハトルテではなく、アプフェル・シュトゥルデル(アップルパイみたいなケーキ)にしました。生クリームが添えられて来なかったのが残念。わかりにくいけど相当な大きさでした。でもシナモンが効いたシンプルな味で、サクサクしてるので結構食べられちゃいました。これがある日のランチ代わり。

IMG_0218.JPG

IMG_0219.JPG
演奏会後の夜お茶は再びCafé Museumへ。わたしがウィーンのケーキで一番好きなのがシュバルツバルダートルテ Schwartzwaldertorteです。黒い森のトルテという名を持つこのケーキはチョコレートのスポンジに生クリーム、ダークチェリー(これも大好物)がサンドしてあります。そういえば前回泊まったル・メリディアンのカフェのがとても美味しかったので、今回も!と思って寄ったら、お茶とケーキのカフェではなくてシャンパン・バーになってました。残念。
こちらのケーキも大変おいしかったです。クリームが上品。この国の乳製品も侮れない。

    IMG_2261.jpg
再掲ですが、カーレンベルクで食べたウィナー・シュニッツェル。画像見るだけでまた食べたい!という欲求がフツフツと…。

    IMG_2251.jpg
オペラ終演後に部屋で食べた夜食。屋台のケバブとチャオメン(焼きそば)。街のあちこちに屋台があるので、舞台がはけた遅い時間に食べるのにとっても便利。初めて見たので買ってみたGösserのレモン味。これ、美味しいですね!!日本でも売ってないかなぁ。

    IMG_2287.jpg
同じく終演後に屋台で買ってホテルで食べたカリーブルスト、焼いたウィンナーのブツ切りにカレーをかけたものです。黒パンのスライス付き。テイクアウト用にちゃんとアルミホイルでグルグルと紙皿ごとカバーしてくれました。こういう食事って好き。

こんな感じでお腹がすくとテキトーに食べたい物を欲望のままに食していた1週間でしたが、帰宅して体重を計ってビックリ。や、痩せてたー!旅行中って歩くからね。なんだか得した気分でした。

2012.06.01 Friday 22:39 | - | trackbacks(0) | 12 Paris Vienna | このエントリーを含むはてなブックマーク|