<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters
<< 「死の都」新国立劇場オペラ | main | 10周年 >>

「アナと雪の女王」

     Frozen.jpg 
ディズニーの予定調和的なハッピーエンディングが苦手なのだけど、この作品は斬新でした。ディズニー映画史上初の「Wプリンセス」を登場させ、お約束の「王子さまのキス」は何の解決にもならない、という衝撃。挙げ句の果てに「伴侶としての男なんていらない。ちょっと変わり者だけど、血のつながった姉妹で楽しく生きて行く」というエンディング。やるな、ディズニー!と感心しながらも、つい自分の立場とシンクロさせてしまいました。わたしは長女なので、城から逃げ出し、自分の「力」をもう隠すことはない、これからは自由に生きる!と「Let it Go」を歌うエルサの気持ちは痛い程わかったし、それでも家族(アナ)をとても大事に思う気持ちも充分に伝わって来て、ちょっと身に沁みました。
いつまでも女の子の夢を綺麗に描くだけじゃない、という点も世界中で大ヒットした理由なんじゃないかな。

CGアニメーションとしての技術はもう行き着く所まで行ってしまった感があるので、文句なし。雪や氷の質感、トナカイの毛並みなどは実写と見まごう程だし、むしろこれは実写では作れない作品なんだな、ということがよくわかりました。(ブロードウェイ舞台化されるらしいけど、氷の城をどう作り上げるのか、興味津々です)

キャラクターも魅力的に作り上げていると思います。男性キャラはもうちょっと綺麗な顔立ちでも…と思わなくもなかったけど。まぁ、この作品では男性キャラは添え物ということで。雪だるまのオラフもトナカイのスヴェンもいい味出しているのだけど(この手のコメディリリーフの動物?キャラがWというのも珍しい?)、個人的にはトロールが苦手。長老だけでいいじゃん、と思いました。「ジェダイの帰還」のイウォークを思い出したわ…。

わたしが見たのは3D字幕版だったので、クリップでさんざん見ていたイディナ・メンゼルの歌声もようやく大きなスクリーンで楽しめたし、クリスティン・ベル(「ゴシップ・ガール」の声だった人)のコケティッシュな声の演技も堪能できました。ミュージカル・アニメというだけあって、歌の比重も大きいのだけど、セリフから歌への移行がとても自然で違和感がなかったのも良かったですね。
平日昼間の鑑賞でしたが、男性が一人で見に来ていたり、お客さんの層も広く、久々に「ヒットしている映画」の空気を実感しました。好評な日本語吹き替え版も気になるので、BDが発売されたら買ってみようと思います。
2014.03.28 Friday 22:36 | - | trackbacks(0) | Movie | このエントリーを含むはてなブックマーク|