<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters
<< Staatsoper | main | ザッハトルテ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.06.04 Sunday  | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク|

王宮礼拝堂ミサ

mass4日曜の朝は早起きして9:15から始まる王宮礼拝堂のミサへ。わたしたちの席は2階の正面バルコニー。祭壇が見下ろせるなかなかの良席です。イスの上にはこの日に歌う賛美歌の譜面コピーが乗ってました。


mass1
ほぼ目線の高さにステンドグラスとシャンデリア。時間ぴったりにミサは始まりました。アメリカにいた時にクリスマスなどで何度か参加したことはあるけれど、ヨーロッパではもちろん初めて。ドイツ語で進行するので周りの動きに合わせて立ったり座ったり。神父様のお話だけではなく、祭壇に立つ聖歌隊の歌を交えてのミサなので飽きることはありませんでした。朝だし寝ちゃったらどうしよう〜とちょっと心配でしたが、杞憂に終わりました。教会の音楽といえばオルガンなのですが、この日の演目がモーツァルトのMissa brevis B-Dur だったせいか、なんと生オケが入ります。すごいなー。

mass2
mass3
ウィーン少年合唱団はミサ中は3階バルコニーのへんで歌っている模様。両サイドのバルコニー席からでないと(それでもごく一部らしいけど)姿は見えません。でも天井から降り注ぐ歌声はベタですが天使のよう。ミサ終了間際に祭壇に並んで歌ってくれます。フラッシュ厳禁なのですが、ほとんどが観光客なのですごいことに…。右端に日本人少年の団員がいました。写真でわかりますか?ミサそのものも言葉はわからないものの荘厳でいいものでした。最後はお隣同士握手して終了。ちゃんとドネーションもまわってきましたよ。長い棒の先に献金箱が付けられてました。良くできてる。

massミサ終了後の風景。外は晴れ渡り、なんとなく清々しい気持ちになっていました。早起きして良かった。この日の演目は耳慣れたモーツァルトということもあり音楽自体も楽しめましたが、久しぶりのミサへの参加、しかも旅先でというのはいい経験になりました。

2008.05.26 Monday 00:03 | - | trackbacks(0) | 08 Paris Vienna/ Diary | このエントリーを含むはてなブックマーク|

スポンサーサイト

2017.06.04 Sunday 00:03 | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク|