<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters
<< 24 Faubourg St.Honoré | main | ルーブル美術館 3回目 検証「サニーサイドに気をつけろ!」 >>

Bon Marchéで買い物

オレンジ色のバッグを部屋に置いて再び着替えて向かったのは初日に行ったSevres Babylone駅。今日の目的はボン・マルシェ別館の食品館です。ここでTりんさんに聞いたおみやげになりそうなお菓子の数々を購入しました。
sweetsマドレーヌ2種(プレーンと塩キャラメル)とフィナンシェ、クレープ、ヌガー、チョコレートなどなど。さすがに粉モノはおいしかったです!マドレーヌはしっとり感があって、バターの風味がフツーじゃないほど出ていました。サイズも小さいのでついもう一個!と口に運んでしまいます。おみやげに画家の某氏に差し上げたのですが「制作の友にしております」と大変喜んで後日お礼状をいただきました。「おフランスのお菓子は何やら一味違います」だそうで。「おフランス」って久々に聞きました。クレープは常温で1ヶ月保存可。電子レンジで温めて、アイスクリームやジャム、メープルシロップでいただきました。便利だしおいしかったです。

renovaこちらはミントの香りのポケットティッシュ。yちゃんに「モノプリで売ってますよ」と出発前に聞いていたのですが、モノプリでは見つからず、ボン・マルシェにありました。他にオレンジ色のシトラスもありましたが、やはりミントでしょう。1パック10個入り。おみやげに大活躍。雑貨類もアメリカに負けず劣らず楽しいものがたくさんありました。

それにしてもここの食品館は本当に楽しかったです!お菓子好きなら何時間でもいられそう。わたしはヌガーだけで3種類買いました。日本じゃ高級店にちょこっとしか置いてないので、よりどりみどりのこの店ではテンション上がりまくりでした。他にもおいしそうなデリコーナーや色とりどりの野菜、パン各種があり見てるだけでかなり楽しかった。ここは次回も必ず行く店リスト入り決定です。さすがにこの夜は疲れて一人でディナーに店に入る気がしなかったので、ここでパンとタルトを調達して部屋で食べまることに。ツナが乗ったピザ風バケットにTart Coco(ココナツ)にしたのですが、これが思い出すだけでうっとりするほど激ウマ。タルトは口にした瞬間思わず「うそー」と言っちゃった程。やはりフランスの粉モノは最強でした。この日はさすがに早めに寝ることにして9時にはお風呂に。この時期のフランスは9時はまだ外がフツーに明るいので、朝風呂に入ってるような感覚に。明日はいよいよ帰国日。夜11時半の便なのでパッキングは明日の朝でいいやー、と早めに就寝。
2008.06.05 Thursday 00:41 | - | trackbacks(0) | 08 Paris Vienna/ Diary | このエントリーを含むはてなブックマーク|