<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
free counters
<< 6月のラ・ベットラ | main | エッシェンバッハ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 >>

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

i412歳の時に「スターウォーズ」のハン・ソロに恋してからハリソン・フォードはずっとわたしの中ではNo.1のハリウッドスターでした。当時はハリソン・フォードって説明するのも一苦労でしたが、今では知らない人がいない程のスターになりましたね。わたしの先見の名にはちょっと自信があります。ジョージ・クルーニーしかり、山口晃さんしかり。というわけで、先行で見て参りました、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」です。

注意!この先激しくネタバレあり!

取り留めもなく思い出した順に書き連ねてみます。

まずはオープニングのパラマウントのマークもわざわざ旧バージョンを使うという凝りよう。このパラマウントのロゴの山が本編の映像とかぶるという冒頭部分は今までと変わらず。そしてインディ登場シーンもまずは敵に拘束された状態で、というのもお約束。そこから脱出→新しい冒険のきっかけというパターンです。今回は前作よりだいぶ年月が流れていると言う設定なので、まず父親のジョーンズ博士(ショーン・コネリー)とブロディ(デンホルム・エリオット)は亡くなったということに。まぁ、そうするしかないですよね。D・エリオット氏は本当に他界してしまいましたから。でも彼に関しては大学の廊下に肖像画があったり、キャンバス内に銅像が立ってたりしましたが。昔の恋人マリオン・レイヴンウッドと新キャラである若者マット、インディの関係は非常に予定調和。でもそのやり取りがたまらなくおかしい。特にインディとマットが大学近くのダイナーで語るシーンは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を彷彿させるドタバタぶり。マリオン登場の第一声は「インディアナ・ジョーンズ…!」でこれは一作目「レイダース/失われたアーク」と声のトーンも全く同じなのも、オールドファンにはニヤリとさせるポイントですね。アークと言えば、冒頭の倉庫からの脱出シーンで木箱に収められたはずのアークがチラリと見えます!(そうだよね??)音楽もちゃんと当時のあの曲。「うわわー!」とコーフンしましたが、その後話には全然絡まず…。あれは見間違いじゃないよねぇ。あとインディのセリフで「I have a bad feeling about this」ってのがあったのですが、これって「スターウォーズ」でのハン・ソロの名セリフですよね!って、考え過ぎですか?マリオンのお茶目なところは昔と全然変わらず。過去3作のヒロインではマリオンが一番いいですね。他の方々が出演できなかったのは大人の事情もあるからなんでしょうが、本作でマリオンを持って来たのは大正解だったと思います。

…と、ここまでかなりコーフン気味に書いておりますが、皆さん、ついて来てますかー?
というわけで19年ぶりのインディは期待を裏切らない出来でした。満足です。65歳になったハリソン・フォードのアクションも無理矢理感を感じさせることなく、自然にこなしてる風に撮ってるのがさすがです。悪役キャラであるケイト・ブランシェットに至っては、もう大女優の貫禄と余裕で最後まで突っ走ってくれてて、見ていて気持ちがいいほど。最後のシーンだけは「オスカー女優」って印象。ジョン・ハートのキャスティングって驚きでしたが「なるほどね」な使い方です。ご本人もかなり楽しんで演じていたのでは。
ストーリーとしては「予定調和」の一言ですが、ヘンに嘘くさくなく最後までキッチリ楽しむことができます。「スターウォーズ」6部作のように話のつじつまを合わせる必要がないので、2時間頭を空っぽにして身を委ねて下さい。あの音楽とインディの帽子と鞭さえあればOK!な気持ちになれます。作った人たちもきっととっても楽しんだはずなので、観る側だって目一杯楽しまないと損です。これはそういう映画です。1作目を観てからものすごく長い年月が流れたけれど、この作品を素直に「おもしろい!」と思う感性は当時のまま保たれていたようです。それは自分でもちょっとうれしく思いました。

追記:あらためて聴くとJ・ウィリアムズの楽曲はすごくショスタコービッチっぽい。特に交響曲5番は「スターウォーズ」「インディ」に影響を与えてそうな気がしました。こういうことにも気がつくようになったお年頃。
2008.06.14 Saturday 23:59 | - | trackbacks(1) | Movie | このエントリーを含むはてなブックマーク|
映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」
映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull)を観て来ました。 6月21日の全国公開に先駆けて昨日、今日と先行上映。 昨日は副都心線開通やら「飲み会」やらがあったので混雑覚悟で日曜日映画館
| 弐代目・青い日記帳  | 2008/06/15 9:46 PM |